<< Domain-C | main | オペラ座の怪人 >>

2011.01.02 Sunday スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


2006.07.18 Tuesday 下北沢



写真教室の友人A原さんが編集したショートフィルムの上映会に招待してもらった。
この子は、実はプロで某TV曲で編集のお仕事をしているのです。

写真にハマる前は映像編集に凝っていたので、編集作業の大変さと面白さは良く知っている。自分が作ったのは友達の結婚式とかでのオープニングムービーやら旅行記のドキュメンタリー(今から思えば水曜どうでしょう風)だったりで、内輪で盛り上がるためのムービーだ(笑)。
そんなお遊びムービーとは違って、編集をお仕事にしている人達が、本格的な機材と技術を使って作り上げた作品を観れるとあってワクワクでした。

上映会は3本立て。場所は下北沢にある小さなシアタールーム。
下北はこんな場所も提供しているんだ!と感心。部屋は小さくても座席もスクリーンも本格的!スゴイ。それだけで楽しくなってくる(笑)。
そんな中、作品の上映が始まる。

スゴイ!さすがに本格的。とにかくクオリティが高い。(当たり前かたらーっ
画も音も効果も、セットも良く作りこんでいて。
特にA原さん監督作品は、画面のカット割りや構図がスチール的な手法も使っていてA原さんらしさが出ていたと思います。食べ終わったお皿とテーブルの上のお花のカットなんて、そのまま写真として出来上がっていたし。写真教室でも彼女の撮る写真はいつも設定や小物等に凄く凝っていて感心していたんですが、その理由が判った気がします。やはり、クリエイティブな現場にいると"凝っている"と言うよりは"当たり前"な作業に過ぎないのかもしれないですね。

久しぶりにワクワクするものみせてもらった。お腹一杯。
写真は下北沢で有名(?)な踏み切り。
小田急線の本数が多いので、開いたと思ったらすぐ閉まる。
遮断機が上がりきらないうちに次のが鳴り始めるくらいな?たらーっ

写真を良く見るとわかるけど、まだ踏切内に沢山の人が渡りきれていないのに、遮断機は既に半分閉まっています。危ないねぇ〜。

2011.01.02 Sunday スポンサーサイト

  • -
  • 01:41
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
fotologue
私的写真集「fotologue」開設しました。
AD
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM