2011.01.02 Sunday スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


2010.05.15 Saturday フォトブック

とゆーわけで、ライフスタジオで撮ってもらった写真をデータだけ購入して自分でフォトブックにしました。
この方がコストも5分の1以下に抑えられるし、自分の好きなように仕上げられて良かったです。

いろいろとフォトブック(orフォトアルバム)のWEBサービスはあるので調べて比較検討した結果、僕が選択したのは「MyBook」さんです。

決め手は、ダウンロードして利用できる無料のエディターが高機能だったこと。
ここのエディターが一番自由度が高くて、自分の好きなように編集できると思いました。
うきうきしながら、細かく編集していたら、それを見ていた奥さんが一言「それってそんなメンドクサイんだぁ…」

へいへい、そうだろうね、その反応が普通なんだろうね本当は。
つまり自由度が高いって事は、逆に言えば、自分で決めなきゃいけない事が沢山あるってこと。
僕の場合は、「お、こんな所まで自分で設定できるのか!良いねこれ。」と、感じるところなんですが、、奥様には全自動の方が良いみたいでした。

良いですよ、好きでやってんだからこっちは。これで作るの!


とゆーわけで、出来上がりも満足です。


安上がりだったので、母の日のプレゼントとして両家の母親に贈りました。
二人ともとても喜んでくれたのでよかった、よかった。

楽しみが一つ増えたな。


2009.12.07 Monday TDL

 

2009.12.07 Monday 紅葉

 


2007.09.11 Tuesday スペイン旅行記 その5 〜闘牛〜

スペイン旅行記、久しぶりの更新です。その4の続きです。

トレドを満喫した一行は、お土産屋さんに寄りつつマドリッドへ戻りました。
暑いせいか、無性にコーラが飲みたくなってしまい、途中良く飲んでいました。
普段はお茶ばかりで、炭酸飲料なんて滅多に飲まないのに・・・このカラッとした暑さがコーラを求めるのでしょうか???

マドリッドに戻ると、いよいよ楽しみにしていた闘牛観戦ですラッキー

スペインには闘牛場が沢山あるけれど、そのなかでもマドリッドの闘牛場は特別なんだそうです。他のどの闘牛場でどれだけ名声をあげようとも、マドリッドの闘牛場で良い闘牛が出来なければ全く意味が無いそうです。それくらい格式高い闘牛場なんだそうです。
↓その闘牛場。デカイ。

ちなみ時刻は午後9時くらい。まだまだ明るいおてんき

闘牛というと、野蛮で残酷なイメージもあると思います。
闘牛は、スペイン人にとっては伝統芸能的な位置付けにあるそうです。(日本でいう相撲みたいな位置付け。)なので新聞もスポーツ欄ではなく、文化欄に載るそうです。
そのため、美しく闘うことを目的とし、一度でとどめをさせずに何度も闘牛を苦しめるような闘牛士にはブーイングが巻き起こるそうです。
本当なら、ただ食肉にされてしまう牛に、華麗に輝ける最後を与えてあげる。そういう儀式なのだそうです。
納得行かない人もいると思いますが…
僕は割り切って純粋に闘牛と言う異文化を楽しむことにしました。

ただ、闘牛を殺していることは事実であり、血も流しています。
お子様には刺激が強すぎるかもしれないので、闘牛シーンの写真は記事最後の”続きを読む >>”以降に載せておきます。

ちなみに闘牛士はイケメンぞろいでした↓





この闘牛士(一番下)は、なんと18歳!若い!!

さぁ、怖いけどイケメン闘牛士の雄姿が見たい!ってひとは↓をクリック!

続きを読む >>

2007.08.11 Saturday  スペイン旅行記 その4

6月24日のつづき
とゆーわけで、初めてのスペイン料理を楽しんだあとは、スペインの京都ことトレド観光です。
今回の道順、写真はグーグルマップへ『スペイン旅行記

トレドは、今回の観光スポットとしてもかなり楽しみにしていた場所。ツアー選びの際、トレドと闘牛、ラマンチャの風車、メスキータ、ミハス、サグラダファミリアは必須条件でした。
…欲張り過ぎ( ̄〜 ̄;)

でも、それだけスペインが見所満載だったって事です。
トレド観光はオプショナルツアーだったんだけど、結局ツアー参加者全員が申し込んでいました(笑)。

みんなが楽しみにしていたトレドは、マドリードから途中、ドライブインで休憩いれて1時間半くらい?車窓の向こうの丘には、ファンタジー世界に来たかのような城壁が見えてきた。オォ…わくわくする〜(>_<)♪
はやる気持ちをジラしてか、バスはいきなり街中にははいらず、まず先に展望台へ。
この展望台からの眺めに皆夢中に写真撮影しました。

トレドの街は、川に囲まれた城塞都市といった感じで、ロード・オブ・ザ・リングにでも出てきそうな雰囲気。すごい。
昔はスペインの首都で、
日本の戦国時代のころに日本から使節団
が来た事もあるそうです。

ここからの眺めも良いのですが、街中に入るともっと良かった。


360°どっちを向いても絵になる。



細い路地が入り組んでいて正に迷宮。



あっちにも、こっちにも路地。路地。路地。
一日中カメラもって歩き回りたいくらい気に入りました。


トレド大聖堂

一気にサント・トメ教会まで歩いて、エルグレコの作品をジックリ見てきました。ガイドさんが、かなり詳しく説明してくれたので前提知識のない私たちも十分に楽しめました。

そしてそのまま徒歩で街を横断。





一気に街の反対側にある大きな橋にでた。

橋を渡ったところに、バスが待っていました。お土産かってマドリッドへ帰ります。
でもでも、スペインの一日は長い。
今の時刻は16時。でも日が暮れるまで、まだ6時間もあるんです。
今日の観光はまだ続きます。マドリッドに戻って闘牛観戦です。

ではでは、続きはまた次回。。。

2007.07.23 Monday  スペイン旅行記 その3


6月24日(日)
本日より本格的にスペイン観光が始まります。まず初めに向かったのがプラド美術館です。ここプラド美術館は、スペインを代表する画家であるベラスケス、ゴヤ、エルグレコの作品が多く展示されています。あまり良くは知らなかったけど、むか〜し美術の授業でみた事のある作品がいくつか展示されていて、おぉ…本物だぁ…と、見入ってしまいました。
ここでの見所は、ベラスケスのラス・メニーナス(女官たち)です。
この作品は、俺でも知っている(ベラスケスは知らなかったけど(笑)、作品は知っていた)くらいの有名な作品なんですが、実は、これまたスペインの画家ピカソがラス・メニナスを題材に作品を描いているんです。しかも、このツアーの最後にはバルセロナにあるピカソ美術館で、その作品を見ることができるんです。
つまり贅沢なことに、ベラスケスとピカソが描いたラス・メニーナスを見比べる事ができるんです。これはしっかりと見てこないと。

とゆーわけで、しっかり見てきました。ラス・メニーナス。
さすがにツアーなので、ゆったり・たっぷり・のんびり観るわけにはいかず、最後の方はかなり駆け足でザ〜っと流して観てきました。

次に寄ったのがスペイン広場。
スペイン広場というと、ローマの休日で有名ですが、もちろんこちらが本家。でも、スペインにはスペイン広場が沢山あります。その中でも首都マドリッドのスペイン広場が一番大きいそうです。この広場にあるのがドン・キホーテとサンチョ・パンサの銅像です。
冒頭の写真は、この写真でした。
結構大きな像で、後ろには作者の像も在ります。みんな銅像と並んで記念撮影していました。


その後、近くのレストランで昼食です。メニューは↓のとおり。
すっぱい。

スペイン風オムレツ。中身はジャガイモがゴロゴロしています。味は薄めだけど美味しかった。

中身が魚介類の小さいカルツォーネみたいな感じ。

普通にイカリングです。超美味しかった。レモンがデカイ。みんな一瞬グレープフルーツかと勘違いしていた程。でも見た目の割りに酸っぱくない。
不思議。

苦手。でも味は普通でした。

ものすごく甘い。若い女性が多いにもかかわらず、甘すぎてみんな食べ切れませんでした。
でも、うちの奥さん一人だけペロリと完食。やっぱり人と違うみたい。。。


とゆーわけで、今日はここまで。
この日はこの後、古都トレド観光→闘牛とスペインのメインイベントが続きます。
お楽しみに。

2007.01.01 Monday 月暈(つきがさ)

今日は2回更新。

日の出を見に行ったあと、一度家に帰って仮眠。
その後、支度をして神奈川にある実家へと帰宅しました。

そして夜からは高校時代の友人達と毎年恒例の新年会。
今年はフルメンバーでは無かったものの楽しい時間を過ごすことが出来ましたラッキー

主な話題は、結婚、子供、新居、家計、彼女等々。
既に結婚して子供もいるsin君からは、結婚生活についての話。
MiやYaは出会い探しの話。

本当に楽しい時間でした。

時間も遅くなったので、お開きにしてお店を出てみると、空には↓こんな現象がびっくり



この光は月です。
月の回りにうっすらとある光の輪は、レンズのフレアとかではなく、肉眼でもちゃんと見える光輪です。(PCモニタで見えるかなぁ?)
本物は初めてみたので、すごく不思議な光景で何だかついてるなラッキー
キレイでした。

後で調べてみると、これは「月暈(つきがさ)」という現象なんだそうです。
へぇ〜

日の出と言い、月暈と言い、何だか元旦からついてるね。
今年は(も?)良い年になりますように!

2007.01.01 Monday あけまして、おめでとうございます


みなさま、新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


今年は葛西臨海公園に初日の出を見に行きました。(上の写真)
天気も良く、キレイな日の出が見れたので今年は良い年になりそうわーい

続きを読む >>

2006.11.17 Friday 写真教室課題 


[ 語りつくせぬ将来の夢 ] Canon EOS KissDigitalN

今回の課題作品。先生に褒められた。嬉しいね。
これは自分も気に入っていた一枚なので。
ミディアム2期に入って内容がグッと濃く深くなってきた。
まだ2回だけれど、ビギナー・ミディアム1期の数倍、勉強になったといっても過言ではないだろう。それくらい満足感がある。K先生の授業だからだろうか?それもあるんだろうけれども、何より講座の内容もタメになる。
カメラの仕組みや、小道具の使い方、技術的なテクニックって言うような内容はミディアム1期までで卒業といったところだろう。
いよいよ感性を磨く展開になってきたと肌で感じる。
その分、課題を撮るのも難しくなってきたけれど、、、何となく、見えてきた感じもする。写真教室に通い始めて丸一年が経ちました。一つ階段を登った感覚です。
でも、この階段、まだまだ先は長いねぇ・・・(゜_゜i)タラー・・・
続きを読む >>

2006.11.08 Wednesday 清里写真



さてさて、だいぶ前の話ですが、清里に行ったときの写真を時々公開します。

泊まったホテルの屋上には、こんな立派な観測施設が!
満月だったのでとても明るい月でした。
月光でフレアが出てるなんて(笑)
続きを読む >>

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
fotologue
私的写真集「fotologue」開設しました。
AD
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM